関わる人の人生を最高に豊かにする

ABOUT US

POLICY

弁護士の転職をアタリマエに
弁護士の仕事をもっと身近に

弁護士の転職支援サービス

弁護士・法務人材専門の転職支援を行っております。弁護士のキャリア形成や年収アップ、やりがいの実現はもちろんのこと、インハウスローヤーとしての選択肢を模索している弁護士のために、企業の法務部転職もサポートしています。これまで経験弁護士のサポートが多かったものの、73期、74期修習生の就活支援もニーズが高まってきており、法律事務所・インハウスともの転職のアドバイスが可能です。

弁護士の社外取締役採用サービス

上場準備中のスタートアップ、コーポレートガバナンス・コードを見据えた体制構築などに長けた、専門性の高い弁護士をご紹介可能です。事業成長とガバナンス確保両立の為に、弁護士を起用したい企業様を支援します。

弁護士の活躍の場をもっと広げる

わたしたちは、弁護士と法律問題で悩む方とのマッチングサービスで、ひとりでも泣き寝入りする方をなくすために事業をしてきました。その過程で、弁護士さんも自身のキャリアについて悩みを持っていることに気付き、弁護士と法律事務所・一般企業とのマッチングをし、わたしたちと関わる方全員が思い描く理想の状態を、『ヒト』で解決したいと考えています。
閉鎖的な業界だからこそ、オープンなキャリア設計と、業界の透明性に着目した最適解を提案します。

弁護士が転職を成功させる秘訣は弁護士特化型転職エージェントの活用

転職において、一般的に35歳が限界と見られる傾向があります。 弁護士の転職においても、年齢による限界説があてはまるとは限りませんが、より良いキャリアアップ転職をするために、専門的な知識のあるエージェントを使うことがおすすめです。

弁護士転職専門のエージェントなら成功率が上がる

弁護士の転職には「弁護士専門のエージェント」を利用するのがおすすめです。

  • 法律事務所の内情に詳しい
  • 年収交渉などが可能
  • スケジュール調整も代行

「何を持って転職成功とするか」は人それぞれ異なりますが「理想の転職を叶える」という点において転職エージェントはあなたの力になってくれるでしょう。例えば、弁護士業界は転職によって「年収が大きく変わる業界」です。どの事務所に入るか、あなたの経験をどの程度の年収で売り込めるかは重要です。また「働き方」や「ライフプラン」を重視するなら「弁護士業界のスタンダードな労働内容」「転職先の労働環境」などを熟知している必要があります。

そのため、弁護士業界への転職実績が多い「弁護士専門の転職エージェント」を利用して、理想の転職先が見つけましょう。登録は基本無料です。「年収を上げたい」「働き方を変えたい」などの理想のキャリアアップを考えているなら、弁護士業界に特化した転職エージェント『NO-LIMIT』へご相談ください。

弁護士における若手は40代も含まれる

一般的な転職市場では若手(20代)が有利という傾向が基本です。しかし、弁護士の場合「30代後半まで若手の人材に含まれる」という業界ならではの特徴があります。そのため30代後半でも転職は十分期待できます。その理由は、弁護士の業界には定年退職がなく、70代や80代でも弁護士として登録している人がいることや、一般企業に比べて、そもそもの「新卒入社」の年齢が高いためです。例えば、司法試験に合格したのが20代後半で、弁護士として働き始めたのは30代や40代ということもあります。

つまり、弁護士業界では30代後半でも「若手」として分類されることも多いため、一般的なサラリーマンと比べても「年齢が高くても転職しやすい」特徴があります。

弁護士は年齢よりキャリアを評価

また、年齢があまり重視されないもう一つの理由が「これまでのキャリアが大きく評価される」ことです。40代のミドル層の弁護士でも、これまでの実績と経験を上手に提案することで理想の職場へ転職できる可能はあります。例えば、実務経験が長いと「ビジネスマナーや適応力に優れている」や「顧客からの信頼を得られる」「顧客の立場であらゆるリスクを想定できる」など、弁護士において重要な洞察力が備わっていることを評価してもらえます。

こうした企業との交渉を自身でやることもできますが、弁護士の転職サポート実績が豊富なエージェントが代行することでスムーズに運びます。自身の経験を上手くエージェントにヒアリングしてもらい、転職先へと伝えることで、良い評価を得られるでしょう。