エンジニアが転職に失敗する7の理由と失敗しない転職にする方法

エンジニアの転職

エンジニア_転職_失敗

「転職したけど、正直失敗だった…」誰しもそう思うことにはなりたくないはず。実は、私は元システムエンジニアなのですが、「システムエンジニアになって失敗だった…」と思っています。

今は別の道を歩んで満足しているので、「まぁ、失敗もよい経験の一つかな」と前向きに捉えられているですが、直面する仕事に苦戦しているときはとてもつらかったです。今回は、転職失敗の理由や成功するためのポイントを解説しましょう。

【比較】エンジニアの転職に強い転職サイトおすすめ9選|失敗しない選び方と比較ポイント

事例から学ぶエンジニアの転職失敗理由7選

私の実体験も踏まえつつ、エンジニアの転職失敗理由を7つ挙げてみます。私の同僚の中にもエンジニアの仕事に疲れて逃げるように辞めていった人がいます。誰しも転職に失敗したくないはずですので、ぜひ理由を知ってください。

仕事内容を漠然としか捉えていない

  • 「思った仕事内容と違った…」
  • 「プログラミング未経験でもよいと聞いたのにプログラミングスキルを求められる」

このような理由で苦労する人がいます。実は私もその中の一人でした。「エンジニアは問題解決能力・コミュニケーション能力・マネジメント能力などがあればやっていけるので文系でも大丈夫だよ」なんてことを言われて入社したのですが、結局のところ若手のうちはプログラミングスキルを求められました。

システムの根本のことを知るために一通りのプログラミングができるようになっておかないといけないという考え方が理由でした。仕事に慣れるだけで精いっぱいなのに次々に分からないことがあり、頭の中は混乱していました。入社そうそうに“できないやつ”という扱いを受け、自己嫌悪の毎日。

それは会社が求めている能力を正確に把握しきれていなかったために起こったと思っています。エンジニアの仕事内容を漠然と捉えるだけではいけなく、さらに入社する会社がどのような人材を求めているのかはっきり把握しましょう。

エンジニアと一言でいっても業務内容は幅広いです。クライアント交渉といった上流工程なのか、プログラミングやテストといった下流工程なのか、担当する業務は明確にしましょう。

知名度やイメージ、雰囲気だけで会社を選んだ

  • 「とにかく大手なら大丈夫だと思った…」
  • 「面接官の雰囲気がなんとなくよかったのに」

そう後悔する人もいます。知名度やイメージだけで会社を選ぶとギャップが生じることがあります。また、面接官の対応のよさが決め手で入社する人も失敗しがちです。

もちろん面接時に雑な対応をする会社は論外ですが、面接官は人事や他の部署の人間であることも多いため、それだけを理由に入社を決めてはいけません。実際に入社したらどのような人達を働くことになるかはできるだけ知っておいた方が安心です。

自分の長所と短所を考慮していない

  • 「自分の長所を活かせていない気がするので不満が溜まっている」
  • 「自分の短所と向き合うことになって心が疲弊した」

自分の能力を把握し、長所を伸ばしつつ短所をカバーするような職種を選択すべきでしょう。子どものころは、「短所をなくしましょう」なんてことを言われることもあったかもしれませんが、結局のところ短所はなくなりません。

長所を伸ばす方が圧倒的に楽しく、“仕事ができる人間”になれます。学生のころは見えにくかった適性もある程度社会人経験を積めば理解できるもの。無理して苦労する道を選ぶ必要はありません。

妥当な年収ではない

  • 「入社したてのころは年収に満足していたんだけどな…」
  • 「これだけ頑張っても年収が上がらないなんてうんざりだ」

目先の年収だけにこだわると後悔することも。もちろん、入社時の年収は重要です。しかし、のちのち年収がアップするようなシステムになっていないと、不満がふつふつと湧き上がってくるでしょう。

また、実力以上の年収を求めた結果、会社に貢献できていないことで居づらくなることも。年収は実力相当であるべきです。高すぎても低すぎでも悪影響を与えます。

平均残業時間しか聞いていない

  • 「面接時に聞いていた残業時間と大幅に違うぞ…」
  • 「定時帰宅なんて夢のまた夢」

面接時に平均残業時間だけしか聞いていないと、ミスマッチになることも。会社の平均残業時間は、総務部や人事部などの他部署も合わせた数字かもしれません。エンジニアは、総務部や人事部などよりも長時間勤務になりがちですので、エンジニア単体での残業時間を把握しましょう。

また、平均残業時間だけではなく、閑散期と繁忙期の差や、過去の最大残業時間なども聞いておくと安心です。採用選考の最中では聞きにくいとは思いますが、内定を受諾する前には聞いておかないといけないことです。

ITにそれほど興味がない

  • 「同僚と比べてITへの興味関心が低いからついていけない」
  • 「消去法でエンジニアを選んだのは失敗だった」

ITへの関心の低さで、エンジニア転職に失敗した人も少なくありません。「ウェブやアプリは生活に浸透していてインフラを支えている感じがしてかっこいいよな」という漠然とした理由でエンジニアを志すと苦労する可能性が高いです。

実は、私もそうでした。入社してから同僚のITに関する興味の高さに驚かされるばかり。好きこそものの上手なれ、とはよく言いますが、ITが好きではないと仕事ができるようにはなりません。

プレッシャーに弱い

  • 「毎日といってもよいほどに納期が迫っているのがつらい」
  • 「先輩からのレビューのプレッシャーに疲れた」

エンジニアは、心身共にタフさが求められます。自身でプレッシャーに弱いという自覚があるなら、エンジニアはあまりおすすめできません。納期のプレッシャーやクライアント・上司・先輩からの叱責など戦わないといけない相手は多いです。仕事選びは、どう生きるかにもつながってきます。わざわざ大変な道を選択する必要はないでしょう。

エンジニアの転職で後悔したこと3つ

エンジニアに転職して後悔したこととしてよく挙げられるものを紹介しましょう。私自身、エンジニアのよくない面を捉えられていなくて後悔したことが多かったので、非常に共感しました。

とにかく残業が増えた

まず、エンジニアとしてよくイメージされる長時間労働で後悔する人が後を絶ちません。私は、エンジニアとして入社する前は「平日バリバリ仕事をして休日は思いっきり楽しむぞ」なんて思っていましたが、正直この考えは甘かったです。

月の残業が100時間超えなんて当たり前の世界。休日に思いっきり楽しむ余裕なんてとてもなかったです。体力については個人差がありますが、自分の限界を知っておくのは大事でしょう。「めちゃくちゃ稼いでやるぞ」と意気込んで入社したものの、早々に「お金よりも睡眠時間がほしい…」と嘆く人は少なくありません。

休日も同僚と過ごす社風に合わなかった

会社によっても異なりますが、IT業界は比較的フラットで風通しがよいことで知られています。アットホームな社風に合えばよいのですが、休日もゴルフに誘われたり、自宅パーティーに招かれたりして自分の時間を持てないことも。

私は、先輩や同期ともある程度の距離感を保ちたかったのできつかったですね。恋人や友達との時間も大切ではありませんか。

客先常駐でリラックスできない

客先常駐ばかりで精神的に疲れる同僚も少なくありませんでした。社内での仕事とは違ってクライアントの視線が常に気になるもの。客先常駐があるかないかは入社時に分かることですので、事前に確かめておけばよかったと後悔することになるかもしれません。

今まで客先常駐をやったことがなければその苦労が分かりにくいものですが、ほとんどリラックスできずに緊張を強いられるものですよ。

エンジニアの転職で失敗しないために押さえるポイント5つ

エンジニアの転職で失敗しないために押さえるべきことがあります。常に成功できるとは限りませんが、ベストを尽くすことはできるので対策を怠ってはいけません。

企業が求めるスキルのタイプや高さを確認する

ミスマッチを防ぐために企業が求めるスキルのタイプや高さを念入りに確認しましょう。将来的にプロジェクトマネージャーになる人材を求めているのか、ただ単純に今ある仕事を問題なくこなせるプログラマ―を求めているのか、などによって合う・合わないが大きく異なります。

適材適所が企業にとっても転職者にとってもベストな状況でしょう。A社では能力が認められていなくとも、転職したB社では優秀だと褒められることもあります。しかし、その逆もあるのが転職の怖いところですので、適材適所の精神を忘れないでおきましょう。

目指すキャリアを明確にする

目指すキャリアを明確しておかないと、そもそも内定がもらえず転職に苦戦することが多いです。企業側としては活躍するイメージが湧かなかったり、早期退職するリスクあると思ったりするわけです。わざわざ転職してまで成し遂げたいことは何なのか、どういったビジネスマンになりたいのか、自己理解を深めてそれを企業へ伝えないといけません。

このとき、ただ単純に大きなことを宣言すればよいわけではないので気を付けましょう。地に足のついた内容で、企業が求めているものとバランスがとれていないといけません。バランスというのが大事で、意識が高すぎてもモチベーションの面で続きませんので、活躍するのは難しいでしょう。

情報収集を徹底する

転職で失敗しないために押さえるポイントとして情報収集を徹底することが挙げられます。それは、自己理解や業界・企業分析、エンジニアという職種の理解など多くあるので、時間と手間がかかるでしょう。

この記事を読んでくださっているあなたは少ながらずエンジニアに興味があるのだと思いますが、他にもさまざまな職種があるので、幅広い視野を持つことが重要です。また、エンジニアという職種であっても、クライアント対応が中心だったりプログラミングに集中したり仕事内容は大きく異なります。客先常駐か社内業務のいずれが合うかも個人差があるでしょうし、企業が何を求めているか理解するのは必要不可欠です。

勘違いによって引き起こされる悲劇はもったいないですよね。早期退職につながる致命的なミスマッチは防ぎましょう。

20代のうちに転職を考える

エンジニアに限らず転職は20代のうちに行っておく方が有利に働くことが多いです。30代以降でも無理な話ではありませんが、今後の活躍を期待するうえで年齢は採用の可否につながってくるのは確かです。とりわけ未経験もしくはエンジニア経験が浅い人はポテンシャル採用という望みを持つために20代のうちの転職決意を固めるほうが賢明でしょう。

とはいえ、すべての人にとって転職が最適の選択とは限りません。抱えている不満は転職とはまた違った形で解消される可能性もあるので、慎重な判断が必要でしょう。

転職活動ではできる限りの対策をとる

転職活動では十分な対策をとって行動することをおすすめします。対策のためにぜひ活用したいのが、転職エージェントです。転職エージェントとは、一人ひとりに担当者がついて企業紹介や応募書類添削、面接対策などを無料で行ってくれるところ。

よいスキルや経験を持っていても採用選考にて自分を採用するメリットとして伝えきれない人が多くいるので、転職エージェントの担当者に相談することをおすすめしたいです。また、担当者とのカウンセリングで自分の本音に気付けることもあります。飾らずに自分の希望や不満を伝えてみましょう。

エンジニアが転職時に求められることは?

エンジニアが転職時に求められているスキルをお伝えしましょう。エンジニアとして活躍するために必要不可欠なスキルです。

コミュニケーション能力

どの職種でも重要視されるのがコミュニケーション能力。「しかし、エンジニアはパソコンに向き合って仕事をするので、あまりコミュニケーション能力を重要視されないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、それは大間違いです。

エンジニアはクライアントの交渉だけではなくプロジェクトメンバーとの円滑なコミュニケーションが求められます。一人で作業できることには限界があるので、チームの団結力が求められるわけです。とりわけ入社したてのころは分からないことが多いはずですので、助けてもらう機会が多いはず。

このコミュニケーション能力の低さによって、一人で悩みを抱え込んでしまい、精神的に参ってしまう人もいるほど。必要なときにヘルプを出せるタイプでないと、長くエンジニアを続けることは難しいでしょう。

マネジメント能力

ほとんどのエンジニアは将来的にマネジメント能力を求められます。ポジションでいうと、プロジェクトマネージャーやリーダーになれる人材が必要なためです。会社によっては、プログラミングやテストをする担当者を外注するので、入社して間もないころからマネジメント能力を求められることも。

私も経験があるのですが、自己管理だけでも大変な中、ときには年上のメンバーのマネジメントをするのは大変なこと。気遣いを忘れず、メンバーに快適に仕事をしてもらうための柔和さがある人は重宝されるでしょう。

20代後半以降のエンジニア転職でマネジメント経験があるなら積極的にアピールすることをおすすめします。コミュニケーション能力とは違って面接にてマネジメント能力があることを証明するのはけっこう難しいので職務経歴書に数字で具体的に示しましょう。プロジェクトメンバーが5人以下の小規模案件でも評価されることがあります。

文章作成能力

エンジニアは、クライアントへの提案資料作成や設計書の作成、メールでの細かな連絡などのシチュエーションで文章作成能力が求められることが多いです。「結局のところ、何が言いたいの?」と相手に疑問を持たせるような文章はNGです。採用選考では、主に職務経歴書で文章作成能力を伝えられます。最も伝えやすいフォーマットで数字を用いて具体的に記すと説得力あるものに仕上がるでしょう。

プログラミングを得意とする人の中には、文章作成能力を軽んじている人もいますが、のちのちITコンサルタントになるにしろプロジェクトマネージャーになるにしろ必要なスキルですので甘くみてはいけません。

エンジニアが転職を成功させるためにやっておくとよいこと3つ

エンジニアが転職を成功させるためには3つのことをやっておくとよいでしょう。転職に失敗した人はどれかが足りていなかった可能性が高いです。

転職理由や目的を明確に書き記す

転職を考えるということは現状に対する何かしらの不満があるのでしょう。その不満を解消もしくは軽減させるという目的を達成しなければ転職成功とはいえません。転職活動がうまくいかないと目先のメリットだけで行動してしまうことがあるので、転職理由や目的は文章化して目で確認できるようにして常に忘れない姿勢が大事です。頭の中で考えるだけでいると、薄れてしまうこともあるためです。

企業へのアピールポイントを探す

もしあなたが面接官であれば、「自社で活躍できるのか?」「給料以上の働きをしてくれるのか?」といったように厳しい目でチェックするはずです。そのため、自分を雇うメリットをアピールしましょう。「私は〇〇という長所があります」という主張で留まる人もいますが、「私は○○という長所を持っているため、御社にこういった形で貢献できます」と伝えた方がよいとは思いませんか。

自己アピールが苦手な人は少なくないと思いますが、照れや自信のなさはマイナス評価につながります。

転職エージェントを活用する

転職に対する不安がなかったとしても転職エージェントを活用することを強くおすすめします。一人で自己アピールポイントを考えたり面接対策を行ったりするのは難しいためです。転職のプロの担当者の話は非常に参考になります。場合によっては、志望する会社へ過去に内定者を輩出していることも。面接にてどのような質問がされたのか教えてくれることもあります。無料で利用できるので試さないと損ですよ。

まとめ

エンジニア転職に失敗しないためには、十分な対策をとって最善を尽くすのが重要です。そのために、転職エージェントを活用するのは大変おすすめ。もし、転職エージェント担当者の印象がよくなければ、別の担当者や転職エージェントに変更すればよいだけです。一つ目で何もかも決める必要はありません。柔軟に対応しつつ、あなたにとってベストな選択をしてください。

関連記事