20代は転職に失敗しやすい?8つの転職成功ポイントと20代におすすめの転職サイト9選

20代の人で転職をしたものの、転職先の企業に不満がある人も多いでしょう。実際に転職に成功しても、その企業に満足できなければ、長続きせず転職失敗となってしまいます。

20代であれば未経験の職種にチャレンジしやすいですが、転職回数が増えると不安ですよね。今回は、20代で転職に失敗した際に見直すべき点8選について、それぞれの職種に合った転職サイトを含めてご紹介します。

\ 20代の転職に強い転職サイトランキング! /

目次

20代の転職はチャンスが多い分、失敗もしやすい

20代の人が転職をする場合、30代や40代に比べてチャンスが多いです。平成30年厚生労働省の「雇用の構造に関する実態調査(若年者雇用実態調査)」によると、定年前に転職したいと考える正社員は5年前の調査時から1.9ポイント増え、27.6%となっています。(若手社員約3万人を対象)

日本の若手全体の流れとしても、転職を検討している人が増えていることがわかります。しかし、20代は採用されやすいため、自分に合っていない職種で就職してしまうケースもあります。その職場では長続きせず、実質転職に失敗となるでしょう。

転職に失敗した場合、失敗した原因を把握し、改善していくことで自分に合った職種に就きやすくなります。20代の転職では、以下の点を理解しておくことが必要です。

  • 20代での転職は一般的に採用されやすい
  • 自分にあった転職先で働くこと
  • 2回目以降の転職は信用に

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

20代での転職は一般的に採用されやすい

20代で転職する場合、「一般的に採用されやすい傾向」にあります。実際に20代の採用を検討する際、企業はその人の仕事に対する熱意や、ポテンシャルなどを重視します。したがって、スキルが完璧に伴っていなくても、将来的なスキルアップを見据えて採用されるでしょう。

一方、30代になると即戦力として企業に貢献できるかが、重視されるので未経験の職種は就職が難しくなります。

自分に合った転職先で働くこと

20代の人にとって、「自分に合った転職先で働くことは重要」です。実際に、20代のうちに自分の適性に合った就職先をみつけられれば、その職場でスキルアップや成長がしやすくなります。

また、20代は30代や40代と比べて、未経験でも転職がしやすい点から、自分に合った職場を探しやすいこともいえます。よって、20代では自己分析を行い、自分がやりたい仕事が見つかり、全く異なる職種を目指すことも可能です。

2回目以降の転職は慎重に

20代でも「2回目以降の転職は慎重になる必要」があります。まず1回目の転職は、前職を辞めた理由や、転職の理由が明確であれば問題ありません。しかし、2回目以降は採用担当目線では「また転職を繰り返すのではないか」という不安材料があります。

転職回数が増えて行くと同時に、採用されづらくなる点で、20代で2回目以降の転職を検討する際は慎重になりましょう。

20代で転職に失敗した人が見直すべき点8選

ここでは20代で転職に失敗した人に向けて、見直すべき点として以下の8つをご紹介します。

  1. 転職先が決まる前に辞めるべきではない
  2. 新卒採用と中途採用を同じように考えている
  3. 周りの人の意見を元に転職先を決めてしまう
  4. 自己分析がしっかりできていない
  5. 将来のキャリアプランが考えられていない
  6. 応募要項等をしっかり確認していない
  7. 転職先のリサーチが十分でない
  8. 応募した職種が自分に合っていない

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

転職先が決まる前に辞めるべきではない

まず次の「転職先が決まる前に今の職場を退職する」のはおすすめできません。転職を成功させるためには、良い職場が見つからなくても焦らないことが重要です。

勢いで現在の職場を退職すると、以下のようなリスクがあります。

  • 精神的に不安定になる
  • 経済的に生活が厳しくなる

上記のようになると、次の職場を決めることに焦り、とにかく早く採用されることを優先してしまうでしょう。

そして、結果的に転職しても長続きせず、転職に失敗する危険性があります。上記のような点から、いまの仕事を続けながら、正しい意思決定ができる状態で、転職活動をすることが大切です。

新卒採用と中途採用を同じように考えている

次は「新卒採用と中途採用を同じように考えるべきではない」点です。新卒採用と中途採用の違いは以下のようになります。

■新卒採用

・人柄や熱意が重視
・ライバルは同級生のみ

■中途採用

・仕事に活かせるスキルが重視
・転職希望者全員がライバル

中途採用でも、ポテンシャルや熱意は考慮されますが、年齢が上がるにつれて即戦力となるかが重視されます。

周りの人の意見を元に転職先を決めてしまう

周りの人の意見を元に転職先を決める」のはよくありません。転職先で働くのは自分であり、友人や知り合いがその企業を良いと思っても、自分には合っていない可能性も十分あります。

転職活動をしていて、他の人の意見を聞くことも重要ですが、周りの意見がすべて正しいとは限りません。転職を成功させるためには、転職先にあらゆる面から自分で納得する必要があります。自分で時間をかけて考え抜いてから、転職先を決めましょう。

自己分析がしっかりできていない

「自己分析がしっかりできていない」ことは、転職失敗の原因になります。自己分析は新卒の時に行った人が多いでしょう。しかし、中途採用でも自己分析を行うことは大切です。

自己分析を行うと、新卒の時とは自分の思考ややりたい仕事が変わっている可能性が高いです。転職活動を始める前に、自己分析を行うことで、自分に合った職種が見つかりやすくなります。

将来のキャリアプランが考えられていない

「将来のキャリアプランが考えられていない」と、転職に失敗しやすくなります。中途採用で、採用側は将来的に自社で活躍してもらえるかを考えます。

転職してスキルアップし、どのような形で企業に貢献できるかは重要です。そこで、将来の目標が明確でないと、採用側から印象が悪くなります。

考えるべき具体的な目標として、以下のようなものがあります。

  1. どの職種で成長していきたいか
  2. 身につけたいスキル
  3. 将来的に就きたいポジション

上記のような点は、明確にしておきましょう。

応募要項等をしっかり確認していない

転職先に応募する前に、「応募要項をしっかり読むこと」は大切です。応募要項では、条件や待遇を確認することができます。加えて、転職において待遇を明確に把握しておくことで、複数企業と迷った際に比較しやすいです。

実際に、受ける企業が数10社と多くなると、待遇面の確認がおろそかになる可能性もあります。つまり、転職活動を初めて採用されて、職種ばかりを意識しすぎて、待遇が良くない企業に勢いで決めてしまう要因にもなります。

転職後、待遇面に不満が増え始め、再度転職をすることにも繋がります。応募要項は事前にしっかり確認するようにしましょう。

転職先のリサーチが十分でない

「転職先のリサーチが十分にでない」と転職失敗の原因になります。実際に、転職サイトの企業紹介ページには、転職者にとってポジティブ内容が中心に掲載されます。つまり、現場でしか感じとれないような、ネガティブな面は応募要項からは読み取れません

そして、転職をしてみて、思っていたような雰囲気とは全く異なる可能性もあり、その場合は転職失敗となります。例えば、以下のような機会で、企業のカラーを読み取ることもできます。

  • オフィス見学
  • 面接官との会話

上記のように、応募要項から読み取れないような点についても、企業のリサーチを行うことは大切です。

応募した職種が自分に合っていない

転職に失敗した要因として、「応募した職種が自分に合っていない」可能性もあります。職種を変更して転職した人や、未経験の業界に転職した人で、前の職種の方がよかったと感じる人もいるでしょう。

実際に未経験の職種に転職してみて、働いてみたら思っていた仕事内容と異なっていたというケースも少なくありません。いくら自己分析を行ってから就職しても、現場で働いてみなければわからないこともあります。その職種が向いていない場合、再度別の職種を探して転職することも検討する必要があるでしょう。

しかし、20代で2回目以降の転職は慎重に行うべきです。自分に合った職種で長く働けるような企業を見定めるようにしましょう。

20代で自分に合った職種をみつける5つの方法

転職に失敗した人が、20代で自分に合った職種を見つける方法として、以下の5つが挙げられます。

  1. 優先事項を決める
  2. いまのスキルを活かせる職種から選ぶ
  3. 身につけたいスキルを探す
  4. 趣味に近い職種から決める
  5. 第三者からの意見を参考にする

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

優先事項を決める

転職において「優先事項を決めること」は大切です。以下のような項目でどれを優先するかによって、実現できる業界は異なります。

  • 給与面の高さ
  • 勤務時間
  • 勤務場所
  • 仕事内容

転職における優先順位が決まり、それが実現できそうな業界が絞れたら、さらにその中で自分の希望が叶いやすい職種を選ぶのがよいでしょう。

やりたい職種が見つかって、転職を実現させるのにスキルが足りないのであれば、必要な資格の取得や、自己研鑽をしていき、長期的に転職を成功させるという選択肢もあります。

いまのスキルを活かせる職種から選ぶ

今現在持ち合わせている「スキルを活かせる職種」を選ぶ方法もあります。自身のスキルから職種を選ぶことは以下のようなメリットがあります。

  • 転職先が早く決まりやすい
  • 未経験職種よりも待遇が良くなりやすい

20代で就職に活かせるスキルがある場合、そのスキルを極めていくことで、年収アップも期待できます。上記のように、いまのスキルを活かせる職種を選ぶ方法は、早めに転職先を決めたい人や、年収を早く上げたい人におすすめです。

身につけたいスキルを探す

「身につけたいスキルから職種を探す」方法もあります。例えば、プログラミングスキルを習得したければエンジニア職種、コミュニケーション能力を高めていきたいなら営業職となります。

エンジニア職といっても、インフラエンジニアや、フロントエンドエンジニアなど、種類は多くあるので、そこから更に明確な職種を決める必要があります。営業職であれば、不動産営業、保険営業、IT営業などです。上記のように、身につけたいスキルが決まっている人には、この方法がおすすめです。

趣味に近い職種から決める

「趣味に近い業界からやりたい職種を決める」のも1つの方法です。例えば、趣味がサッカーの人であれば、以下のような選択肢があります。

  • サッカークラブの運営会社
  • スポーツブランド
  • 球場の運営会社
  • スポーツコンテンツの配信会社

上記の他にもサッカーに関わる業界は多くあります。趣味に近い業界は、興味がない業界よりも、モチベーションを高く保ちやすいです。上記のように、趣味に近い職種から決めることも良いでしょう。

第三者からの意見を参考にする

やりたい職種が決められない場合、「第三者からの意見を参考にすること」もよいでしょう。普段からの友人や知り合いに相談するのも1つの手です。しかし、同じ職場の同期や上司だと、視点が似通う可能性が高くなります。よって、現状を変えようとする転職希望者には最適ではありません。

おすすめはプロである転職エージェントに相談することです。転職エージェントは多くの転職希望者をみてきている点や、第三者である点から冷静で的確なアドバイスが期待できます。

20代が未経験でも転職が狙えるおすすめの職種

デスクワーク編

20代未経験でも転職が狙えるデスクワーク職は、以下のようなものが挙げられます。

  1. ITエンジニア
  2. 経理職
  3. 人事総務職

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

ITエンジニア

ITエンジニアは、20代の未経験でも転職が狙いやすいデスクワーク職の1つです。ITエンジニアは、理系学部の人が就くイメージがある人も多いでしょう。しかし、ITエンジニアに理系文系の関係はなく、未経験からでも転職を狙えます

ITエンジニアにも、以下のような種類があります。

  • SE
  • プログラマー
  • ネットワークエンジニア

上記それぞれに共通する業務としては、プログラミングです。近年、プログラミングの学習は、無料の学習サイトや、オンラインスクールなどで手軽に学べるようになっています。未経験の人でも自己研鑽を続けていき、ITエンジニアへ転職に成功することが可能です。

また、ITエンジニアはプログラミング以外に、社会人として最低限のマナーや、コミュニケーション能力を必要とします。前職での社会人経験を活かすことができる点でも、おすすめです。

経理職

経理職は、20代の未経験でも転職が狙いやすいデスクワーク職の1つです。経理職は企業における預金や売上の管理などを行います。数学の得意な人や、計算が早い人が就く職業というイメージがあると思いますが、計算を行うのはPCです。よって、計算力よりも以下のようなスキルが求められます。

  • PCスキル(Excelなど)
  • 正確で効率の良い作業

また、必要な資格として、簿記の資格が挙げられます。簿記の知識やExcelのスキルがあることで、作業を短縮できるので、効率の良く業務を進められます。上記のような点から、経理職はPC作業や、効率と正確性が求められる作業が得意な人に向いている職業の1つです。

人事総務職

人事総務職は、20代の未経験でも転職が狙いやすいデスクワーク職の1つです。経理職に比べて、専門的なスキルは必要ない点で、20代の未経験でも転職を狙えます。

主な仕事内容として、複数の業務を同時進行するマルチタスクが多くなります。したがって、複数社員からの急な対応を同時にこなすケースもあります。社員のサポート業務を行うことがメインなので、周りを見渡して柔軟に動くことができる人に向いている職種の1つです。

20代におすすめ!未経験でも転職が狙える職種|営業編

20代未経験でも転職が狙える営業職は、以下のようなものが挙げられます。

  • 不動産営業
  • 保険営業
  • IT営業

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

不動産営業

不動産営業はマンションや家などの不動産の販売、賃貸契約の提案を行う仕事です。不動産営業に必須資格はありませんが、以下の資格は業務や転職に役立ちます。

  • 宅地建物取引士
  • 不動産鑑定士

不動産営業は成果が給与に反映されやすいです。また、買い手とのコミュニケーションが重要なので、経験を重ねてスキルアップしていくことが求められます。成果が給与に反映されやすい人や、物件探しが好きな人に向いている職種の1つです。

保険営業

保険営業は「生命保険」や「損害保険」などを個人、法人に営業する仕事です。保険募集人として、保険協会に登録するための試験は必須ですが、難易度は高くありません。また、転職では専門的なスキルより、人柄やコミュニケーションスキルが求められる点でも、20代未経験で転職を狙いやすいです。

加えて、成果が個人の給与に反映されやすい特徴もあります。顧客の事故や災害などによる損失を補償するための商品なので責任が伴いますが、やりがいもあるでしょう。保険営業は、コミュニケーション能力を活かしたい人や、営業スキルを上げたい人に向いている職種の1つです。

IT営業

IT営業はITシステムや、IT製品を法人向けに販売する仕事です。他の営業職に比べて、ITに関する専門的な知識が必要となります。しかし、必須の資格はないため、20代未経験でも転職がしやすいです。

また、販売する商品によっては、コンサルティング要素も必要です。したがって、顧客が抱える問題を解決するために、ITに関する最新情報を常に取り入れていくことが求められます。新しいことが好きな人や、最新の情報を常に収集し営業に活かしていけるような人に、向いている職種の1つです。

未経験で転職が狙えるおすすめの職種|接客業

20代未経験でも転職が狙える接客業は、以下のようなものが挙げられます。

  • 飲食店舗スタッフ
  • アパレル店員
  • 介護士
  • 美容部員

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

飲食店舗スタッフ

飲食店舗スタッフは、20代の未経験で転職が狙いやすい職種の1つです。転職に必要な専門的な資格はありません。主な仕事内容は以下の通りです。

  • お客様の誘導
  • 注文受付
  • 料理のお届け
  • 会計業務

店舗が忙しい場合は、他のスタッフとの連携が重要となります。コミュニケーション能力を活かしつつ、人と協力する仕事をしたい人に向いている職種の1つです。

アパレル店員

飲食店舗スタッフは、20代の未経験でも転職が狙いやすい職種の1つです。転職に必要な専門的な資格はありません。人気ブランドの場合、倍率が高く経験者が採用される可能性が高くなりますが、20代未経験でも転職は狙えます。

店舗には毎月の売上目標があるため、コミュニケーション能力に加え、販売力が求められます。服やアクセサリーが好きな人や、コミュニケーション能力や販売力を高めたい人におすすめです。

介護士

介護士は、20代の未経験でも転職が狙いやすい職種の1つです。一般的に介護士資格が必要というイメージがありますが、無資格でも働くことができる介護士事務所もあります。しかし、介護に関する知識や、資格があると就職先の選択肢が広がるでしょう。働く現場として以下のようなものがあります。

  • 老人ホーム
  • デイサービス
  • 利用者の自宅

直接利用者から感謝の言葉をもらえ、笑顔が見られる点でやりがいを感じやすいので、人のサポートや手助けをしたい人に向いている職種の1つです。

美容部員

美容部員は、百貨店やドラッグストアなどの化粧品売場で販売、接客をする仕事です。美容部員には必須の資格がないため、20代未経験でも転職を狙えます。

仕事内容以下の通りです。

  • 化粧品カウンセリング
  • メイクアップのアドバイス
  • コスメ商品の販売

コミュニケーション能力に加え、化粧品に関する知識や、メイクの技術が求められるため、就職後に技術を学ぶ必要あります。美容部員は、接客スキルを高めたい人や、化粧品コスメが好きな人におすすめの職種です。

デスクワーク職に就きたい20代におすすめの転職サイト

デスクワーク職に就きたい20代におすすめの転職サイトは、以下の通りです。

  1. マイナビIT AGENT
  2. 経理転職.com
  3. Type女性の転職エージェント

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

マイナビIT AGENT|総合転職サービス大手

マイナビエージェント

マイナビIT AGENTは、人材大手「マイナビ」のITエンジニア専門転職エージェントです。マイナビIT AGENTの特徴をご紹介します。

  • IT業界に精通したアドバイザー
  • 求人の8割が非公開求人
  • 書類作成などサポートが充実

ITに関する求人が豊富で、IT業界に精通しているアドバイザーが求人者の希望、経歴に合った転職先を紹介してくれるのが特徴となります。転職に必要な志望動機や退職理由などのアドバイスも充実しており、保有している求人の8割が非公開求人という点でも、おすすめです。

パソナキャリア(経理の転職)

パソナキャリア」の経理特化サービスは、経理や財務の求人に特化した転職サイトです。

  • 業界ごとに特化した300名以上のコンサルタント
  • 求人の70%が非公開求人
  • 幅広い企業規模求人の紹介

経理職種を始めとした業界ごとに特化した300名以上のコンサルタントが所属しており、スピーディーな対応をしてくれるのが特徴です。保有する求人の70%が非公開求人です。よって、経理職を希望している人にとって、希望にあった求人が見つかりやすいでしょう。

Type女性の転職エージェント

Type女性の転職エージェントは、女性専用の転職エージェントです。Type女性の転職エージェントの特徴をご紹介します。

  • 年間5000名以上のカウンセリング実績
  • エンジニア求人の多さ
  • 18年以上続く女性の転職ノウハウ

年間5000名以上のカウンセリング実績を持つ、女性の転職に特化した転職エージェントです。女性求人が少ないエンジニア職種が多く掲載されている点で、デスクワーク職を狙う人にもおすすめです。企業からのスカウトサービスや、自己分析サポートツールなど、サービスが充実している点でも利用しやすくなっています。また、18年以上女性の転職をサポートしてきたことで、女性の転職ノウハウに基づいたカウンセリングを受けることが可能です。

営業職に就きたい20代におすすめの転職サイト

営業職に就きたい20代におすすめの転職サイトは、以下の通りです。

  • リクナビNEXT
  • en転職
  • マイナビエージェント

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、新卒の就職活動でおなじみの「リクナビ」を運営するリクルートホールディングスが運営する転職サイトです。リクナビNEXTの特徴をご紹介します。

  1. 公開求人44,000件以上
  2. 限定求人が85%以上
  3. AIでマッチ率の良い案件をお知らせ
  4. 企業からの直接オファー機能

リクナビネクストは4万件以上の求人を保有する大手転職サイトです。2021年1月17日時点、営業職のみの募集で7607件ありました。また、検索項目も細かく設定でき、より求人が探しやすくなっています。さらに、リクナビNEXTのみの限定求人が約85%となっている点でもおすすめです。転職サイトでの活動がうまくいかない場合も、安心して相談ができます。転職経験者はもちろん、初めての転職で何からスタートしていいかわからない初心者に向いています。

エン転職

エン転職は、顧客満足度3年連続1位(オリコン顧客満足度調査)の転職サイトです。エン転職の特徴をご紹介します。

  • 約8割がエン転職独占求人
  • 職種のカテゴリが細かく求人が探しやすい
  • 豊富な求人特集

独占求人が約8割を誇り、営業職だけでも11種類ものカテゴリに分かれていて、登録した条件に当てはまる求人を自動でお知らせしてくれます。また、現役社員や元社員によるクチコミを読めるため、企業のリサーチもしやすいです。人気のテーマごとに求人特集が組まれていたり、事前に応募企業の面接内容がわかったりする点でもおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手求人サイトマイナビが運営するエージェントサービスです。マイナビエージェントの特徴をご紹介します。

  • 20代に信頼されている転職エージェント第1位
  • ・書類添削から面接対策までサポート
  • ・業界ごとの専任アドバイザー

マイナビエージェントは、20代に信頼されている転職エージェント第1位として選ばれています。(2019年楽天インサイト調査)さまざまなサポートが充実している点で、未経験から営業職への転職でも、業界に精通したアドバイザーが最適なアドバイスしてくれるでしょう。

接客業に就きたい20代におすすめの転職サイト

接客業に就きたい20代におすすめの転職サイトは、以下の通りです。

  • タウンワーク
  • doda
  • ベネッセMCM介護士

上記それぞれの詳細について、次項からご説明していきます。

タウンワーク

タウンワークはアルバイトの求人サイトとして、有名ですが正社員の転職求人も豊富です。タウンワークの特徴をご紹介します。

  • 幅広い地域の求人が豊富
  • アプリ利用でスマホから求人が探しやすい
  • 条件やキーワードで求人が検索しやすい

タウンワークは接客業のみで、2021年1月17日時点で4660件の募集があります。また、首都圏のみでなく地方の求人も、豊富に掲載されているのも特徴の1つです。飲食カテゴリからさらに26カテゴリに分かれており、詳細な求人検索ができます。飲食を始めとした接客業に就きたい人で、首都圏以外の募集も視野に探している人におすすめです。

doda(デューダ)

doda

dodaは、パーソルキャリア株式会社が運営する国内大手の転職サイトです。dodaの特徴をご紹介します。

  • 10万件以上の求人を保有
  • 企業からのスカウトサービス
  • オンラインセミナーの開催

dodaは、接客業を含めた10万件以上の求人を保有しています。経歴や、スキルを登録することで、企業からオファーがくるスカウトサービスも便利です。また、「年収査定」や「レジュメビルダー」「自己PR発掘診断」など、転職に役立つサービスが充実しています。さまざまなオンラインセミナーが開催されている点でもおすすめです。

ベネッセMCM介護士

ベネッセMCM介護士は、介護に関する専門の求人サイトです。ベネッセMCM介護士の特徴をご紹介します。

  • 18年以上の実績に基づいた品質の高いサポート
  • 首都圏から全国まで幅広い求人募集
  • 保有資格から絞れて求人が探しやすい

ベネッセMCM介護士では、介護や医療業界で18年以上の活動実績に基づいた、品質の高いサポートが受けられます。大手企業から全国の介護施設まで幅広い求人を有しているので、希望求人が見つかりやすいでしょう。また、保有している資格ごとや、詳細な条件を絞って求人を探せる点でもおすすめです。

職種ごとに合った転職サイトで転職を成功させよう!

今回は、20代で転職に失敗した人に向けて、成功の8つのポイントとおすすめ転職サイトをご紹介しました。20代で転職に失敗しても、ポイントごとに改善していくことで、自分にあった職に就きやすくなります。

また、マイナビエージェントや、dodaを始めとした大手サイトから、職種ごとに特化した転職サイトをしています。自分に合った転職サイトを利用してみてください。

\ 20代の転職に強い転職サイトランキング! /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる